できるだけわかりやすく説明してみるという実験:プログラマーとは何をする仕事なのか?できるだけわかりやすく説明してみるという実験:プログラムとは何か?

2016年06月20日

コモエスタ坂本という宇宙意識体-その1:インターネット創世期

2ちゃんねるについて書いてみようと思ったが、その前にコモエスタ坂本について書かなければ!と思って急遽。
いわゆる「2ちゃん用語」といわれるものの源流はコモエスタ坂本にある、ということを誰もが忘れている。あるいは知らない。

というよりも、2ちゃんねるにみられるような、日本独特の形に発展したガラパゴスなWeb文化の源流はコモエスタ坂本にある、といっても過言ではない。
たぶんないと思う。
ないんじゃないかな?まちょと覚悟はしておけ。

今からちょうど20年前、まだインターネットが一般化する前夜、Webの世界はまさに創世期で、誰もが手探りであらゆるものがカオス状態で入り乱れていた。
インターネットに金の匂いを嗅ぎつけてくる奴らがやってくる前夜。そのカオス状態こそが桃源郷であり、アジアであった。

インターネットが軍事目的であったところから開放され、大学間を繋ぐ研究ツールからさらに一般家庭からも繋ぐことができるようになった直後、当時のアーリーアダプター達がこぞって個人ホームページを作って公開するようになった。

そんな中、コモエスタ坂本が登場した。
"Comoesta's Japan Home Vage"というサイトは、「二れはコモエスタ坂本が日本のホームページぞす」で始まり、「日本についそ」という間違った日本紹介を間違った日本語と英語で紹介する。
「二れは」、「ぞす」、「イソターネット」に見られるように、わざと日本語を間違える、という今のいわゆる2ちゃんねる用語の源流はここにある。

まだブログなどが存在しなかった当時の個人ホームページ(当時の呼び方)とは、今から考えたらかなりローテクで、今ではブログで簡単にできるようなことを、わざわざHTMLを覚えて、それをテキストエディタで書いて、それをFTPでサーバーにあげる、ということを誰もが手作業でやっていた時代。
それでも個人の自己表現をしたい願望は強いもので、皆がHTMLを覚えてその手作業をすることで世界中に自分を発信していた。

男性比率がかなり高かった当時のインターネット人口から見て、個人ホームページで最も人気があるのは、当然のことながら女性の個人ホームページである。
そのことを一番分かっていたのは当時、少数派であったはずの女性インターネットユーザーで、さらに個人ホームページをやっていた女性たちだ。
彼女たちは、その女性性をウリにすることで、世のエッチな男どものアクセスを稼ぎ、そこであからさまな自己表現を繰り返していた。別にエロなページだったわけでもないのだが。

今から考えれば、その自己表現というものもかわいいものであった。
まだインターネットでのビジネスモデルが確立されていなかった当時、そこに何らかの経済的な利益は発生する由もなく、ただ純粋に「自己表現」という欲求が満たされていただけの世界。
ああ、なんて牧歌的なんだろう?

でも、コモエスタ坂本は怒っていた。
女であることをウリにして、世の注目を独り占めしようとするその態度に。
ビジネスモデルが確立されていないインターネット創世期の価値観においては、金銭的な利益を得ようとすることよりも、「注目されること」こそが最も重要な"利益"であった。
ああ、なんて牧歌的なんだろう?

コモエスタ坂本は「女であることをウリにしている」個人ホームページをとりあげてそれを批評する、というよりも嬲りものにする、という「嬲リンク」というリンク企画を彼のページで始めた。 
それまで、慣れ合いで他の個人ホームページにリンクを張って、お互いに仲良く来訪者を共有しましょ、という牧歌的な空気をぶち壊し、基本的にネガティヴな文脈で他のホームページにリンクを張るということをやりのけた。

そして(当然のことながら)事件が起こった。

んー、長くなりそうなので何回かに分けて書くことにします。
続きはWebで。 

 


OLランキングで1位になりたい!賛同していただける方は下記をクリック!
myinnerasia at 08:07│フィー | ピキピキ
できるだけわかりやすく説明してみるという実験:プログラマーとは何をする仕事なのか?できるだけわかりやすく説明してみるという実験:プログラムとは何か?