2016年06月28日

逆さメガネ、車のハンドル、ピンボールのフリッパー

有名な心理学実験に「逆さメガネ実験」というものがある。
上下左右が反転するメガネを被験者にかけさせ、それで数日間をすごさせる、という実験。
最初、被験者は当然のことながら要領が掴めず、ちょっと体を移動させるだけでも、反対側に歩き始めたり、あちこちに体をぶつけたりするのだが、数日後には完璧に身をこなすことができるようになり、普通に生活できるようになる、という。

この実験が面白いのは、数日後、その逆さメガネを外した後のことである。
本来、すべてのものが上下左右反転する、「ハンディキャップ」であったはずの逆さメガネから開放されてしばらくは、最初に逆さメガネをかけた時と同じように、反対側に歩き出したり、あちこちに体をぶつけたりする、ということだ。

元々の身体にそなわっているレンズ(水晶体)は網膜に上下左右の像を映していて、我々はそれの逆さまに映った像を脳で処理して普通に生活するように学習している
それを逆さメガネを通すことによって上下左右を正しく脳に送るようにするとどうなるか、というのがこの実験だったわけだが、それまで学習してきたことと逆の条件を渡されても、脳はそれに適応できるように再学習する、ということだ。

これは、自動車の運転に似ている。
自動車の運転は、ハンドルを握ってそれを回転させる、という単純な動作で車の方向を変えものであるが、車を運転している人の手元を見てみると、直進中であっても、微妙に左右にハンドルを微調整しているのがわかる。
これはおそらく運転している本人は無意識で、ただ「直進する」という目的を満たすためにしていることである。
つまり、車を運転している者にとってのハンドルは、身体の延長であり、器官として拡張されたものである。

車を運転している者にとってハンドルという人工のものが器官として拡張される、という機能は、先天的に人間に備わっている能力ではない。いわばこれも逆さメガネと同様に、後づけで与えられたハンディキャップに体が適応した結果獲得した能力である。

僕はゲームを作るくせに実はあまりゲームはしない。
プレステなどのゲーム機は持っていない。
だが例外的に幼少期からずっとやっているゲームがある。ピンボールだ。
ピンボールは、左右にあるフリッパーが唯一のコントロールできるものであるが(ウソ、本当は「台を揺らす」というテクニックもある)、ピンボールを初めてする者はこのフリッパーの操作に慣れるまで、そうとう扱いづらいようで、すぐにゲームが終わってしまう。

ところが僕も含めたピンボールの上級者は、まるで自分の体の一部であるかのようにフリッパーを扱うことができる。
ピンボールの球をフリッパーで打つ瞬間に、その球がどちらの方向に向かってどこに当たるかが見えるし、どこに当てたいかというのをちゃんと打ち分けることができる。
これはイチローにとってのバットと同じだろう。

たとえばこのピンボールのフリッパーが別の動きをするもの、たとえばブロック崩しのパッドのようなものに変わったとすれば、おそらく最初はその操作に戸惑うかも知れないが、すぐにそれに適応して、フリッパーを扱うのと同様に使いこなせるようになるのではないか、と思う。
これも逆さメガネと同じく、脳が後天的な条件に適応する能力によるものである。 

OLランキングで1位になりたい!賛同していただける方は下記をクリック!
myinnerasia at 08:05│アジア