2016年05月18日

ピキピキこなけりゃ意味がない

前回(「書きたいことを好きなように書く宣言風」)、普通の言葉として「ピキピキくる」だとか、
「ゲスでヤンス」などという言葉を使ったが、
これらはもちろん僕が勝手に作った言葉だ。ごめん。 
ここでいう「ピキピキくる」とはどういう意味なんだろうか?

ひとことで言えば、「刺激的なものに覚醒している」状態。僕はこれを「ピキピキくる」と呼んでいる。
動詞型は「ピキる」。 
具体的に僕はこれまで何にピキピキきていたかを並べてみると、、、 

など。
最初の二つはあまりにもむかしの話になってしまうので、最近ピキピキきたものでは、
Dismalandだとか、東京ゲゲゲイだとか。

とにかく新しい世界を感じるほどに刺激的なものであるのだが、こうやって書き並べてみると、
もう一点、共通の特徴に気づく。

次の展開が読み取れないもの。

YMOもツインピークスも、愉快犯もしかり。
次にどういうことをやってくれるのか、物語がどう展開していくのかを読み取ることができない。
そこにグイグイ引き込まれていく。
そして時には観るものの期待を裏切ってくれる。良い意味でも悪い意味でも。

今後ここでは、これらのピキピキくるものたちについて、取り上げていこうと思う。 
「ゲスでヤンス」についてはまた今度。 

OLランキングで1位になりたい!賛同していただける方は下記をクリック!
myinnerasia at 06:19│ピキピキ